食いしん坊無職~台湾好きな中年の隠居生活~

お得だと思った情報も記事にしていきます。

結婚について考える 『結婚して良かった事及び悪かった事-後編③』

f:id:azusa47:20170227165516j:plain

(続き)

セミリタイアをして約一年、45歳の秋だったよ。その事件が起こったのは。

 

パート仕事を終えて自宅に戻り何気なくポストを覗くと郵便物があったので取り出した。ここまではいつも通りの行程だった……

……が、その中に整理回収機構からのハガキが嫁宛に来ていたんだよ。

 

整理回収機構?????

俺は今でも覚えているんだけど、整理回収機構といえば、住宅融資専門会社(住専)が銀行から融資を受けて、それをろくに審査もせずに金のない奴へ高利で融資したもんだから、その融資が焦げ付いてどうしようもなくなったので、政府が介入して当初は住専処理をするためにということで作った会社なんだよね。

それが、北海道拓殖銀行山一證券が倒産して金融不安が再燃したもんだから、これ以上の金融機関倒産を避けるために金融機関の不良債権も処理するようになったんだ。

住専処理もやってきただけに、不良債権回収は法律を駆使して徹底的にやっていく。

泣く子も黙る整理回収機構なんだ。

しかし、整理回収機構の仕事は企業相手で一般家庭までには来ないものだと、この時までは思っていたよ。それで、ビックリしたわけなんだが。

 

ハガキには来月末までに返済されないと当社に譲渡されるような文言が書いてあった。

早速嫁を問いただすと、きっかけは高校卒業して社会人になってすぐ教習所へ通う金を工面するために作ったカードだった。

当時は銀行の融資も非常に甘かったんだよ。今だったらフリーローンの場合、年収以上の融資は絶対無理だけど、この頃融資に上限(限度額)はなかった。

ただね、フリーローン(カードローン)は使用目的が限定されない代わりに金利が高め(嫁の場合は現在年12%)に設定されているんだよ。しかも、リボ払いで定額だからいつ支払いが終わるのかがはっきりしない。

俺だったら絶対に手を出さない金融商品なんだけど、嫁は金の管理ができない人なんで何とかなるだろうと思ったわけだ。

その後、融資の甘さに乗っかって車を買ったり海外旅行へ行ったりとで残高が膨れ上がっていった。

それで、しばしば滞納するようになったらしい。毎月10日が引き落とし日になっているんだが、金の管理ができない人なんでね。それまでに給料を全部使ってしまうこともあったんだろう。見事に銀行で不良債権として分類されてしまったわけ。

 

取りあえず、現状の残高が知りたかったので近くの郵便局で残高照会をしたんだよ。

f:id:azusa47:20170327190113j:plain

写真:今は無き富士銀行、消してはいるがもちろん旧姓名義。

1,997,838円。

こんなに残っているとは、愕然としたね。

そりゃ、整理回収機構に譲渡されるわけだ。笑

(続く)