食いしん坊隠居生活~台湾好きな中年のブログ~

お得だと思った情報も記事にしていきます。

台湾生活を休止することにしたよ

f:id:azusa47:20171213125855j:plain

俺がここへ来た時には真夏のような暑さだったんだけど、季節が変わって台中にも冬がやってきました。

台湾生活を始めて二ヶ月以上が経つんだよね。

楽しいことっていうのは時が経つのが早く感じるよ。

いや。。。年のせいかも知れないけどw

 

さて、この楽しい台湾生活なんだけど散々悩んだ結果、一時休止にすることに決めました。

硬いマットレス

台湾は日本と違って、賃貸住宅には最初っから家具などを設置されているところがほとんどです。

住み始めたところも、ベッド、机、テレビ等が始めからついておりました。

その中でベッドなんですけど、マットレスもついてたんだよね。

つまり、居住者は基本的にシーツと掛け布団と枕があれば寝れるわけ。

で、そのような状態で寝てたんだけど、スプリングが効きすぎてどうにも硬いんだよ。

この硬さは俺のホテル遍歴の中でもトップクラス。

今まで、台中のクラウンホテルが一番硬いマットレスだったように感じるが、それに引けを取らないね。

 f:id:azusa47:20171213134426j:plain

体重75kgの俺がマットレスに腰をかけても、全く凹みませんw

寝返りを打つたびに腰に響くような感じで。。。

一泊や二泊ぐらいなら全く問題ないんですよ。

ただ、長期にわたると。。。

睡眠障害

熟睡できないんですよ。

しかも、二時間おきぐらいに目が覚めてしまう。

そんなわけで、クレジットカードの海外旅行保険を折角なんで使ってみたんだけどね。

www.kuishin.comその医者も言ってましたよ。

短時間でも熟睡できないと体に変調をきたすと。

でも、貰った薬は効かなかったんだけどねw

根本的にはマットレスをどうにかしないと長期にわたって住むことはできません。

大家さんにも話をしてみました。

そうしたら、その明るい大家さんは。。。

台湾人は硬いのが好きなんです♡

だってw

それでも、俺は悩みました。

大好きな台湾への移住をこんな形で終わらせてもいいのかと。

ただ、サブタイトルにも謳っているんだけど、試験的なんだよね。

だから、いつかは試験終了も来る。

う~ん。。。

そして出した結論は、残念ながら健康には変えられないので。

恐らく10歳も若ければ、別の判断をしていたと強く思う。

俺は移住するにあたって、こんな記事を書いているんだけど

 

『よく定年になったら好きなことをすればいいっていう輩がいるんだけど、俺はそうとは思わない。

金の問題もあるけど、好きなことは若いうちにやっておいた方がいいよ。

定年っていうと今だと65歳になるんだけど、65歳を経験した親父に海外移住についてきいてみたんだよね。

そうしたら、できなくもないんだけど条件がやたら出てくる。

例えば、習慣からか日本食が毎日食べれないとダメだとか、中国語を覚える気はさらさらないので通訳が必要だとか、住居についても2階以上はエレベーターがないとダメだとか、浴槽がないとダメだとかきりがない。

要は、金がえらくかかるってことなんだよ。

しかも。。。

今あげた条件は健康だったらってことが大前提にある。

幸い親父もおふくろも健康だからね。

えらく気力の萎えてくる65歳では並大抵では済まない決断が必要になってくると思うし、ましてや病気にでもなったら何もできないよ』(試験的台湾移住!台湾生活を始めたよより)

 

すでに俺の年齢じゃ条件が増えつつあるんだよ。

硬いマットレスだって、若けりゃ全然平気に違いない。

いわゆる機会損失なんだけどね。

台湾は大好きなので、今後はゲストハウスにロングスティをするよ。

最後に

この台湾移住の足掛かりとなったcubさんを始め

 

台湾は空き部屋が沢山?光熱費込みで5,000元18,000円の激安賃貸を紹介。これなら海外でも簡単に生きていけます。 | 旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

 

海外移住セミナーがとても参考になった前原さん

 

【告知】5月23日(火) 19〜21時東京開催 「ブログと海外移住&海外(地域)情報を収益に変える方法セミナー」 - あしたはもっと遠くへいこう

 

積極的に無職を謳歌しているsnufkinさん

 

無職日記 vol.21 ~スタバと中国語とマイナンバー~ - 40代派遣でもインデックス投資でアーリーリタイアを目指してみる

 

そして最後にとても明るい性格の大家さん

f:id:azusa47:20171213153619j:plain

ありがとうございました。