台湾好きな隠居生活

台湾が大好きで年に何度も行っています!そこで得た情報も記事にしていきたい。問合せ等のご連絡はtwitter(@iso_taiwan)からお願いします。

【第二回台湾紀行4】台中国家歌劇院から春水堂朝富総店へ行ってみて。。。《追記》

f:id:azusa47:20170408153142j:plain

写真:台中国家歌劇院。

前回記事

台中国家歌劇院へ行ってみました

饕之郷李姐的店を後にして、290番のバスで台中駅まで行かずに途中の臺中教育大學ってところで降りると300番台のバスが走っているバス幹線道に近い。

ちなみに、このようなことがわかるのは前回でも紹介した下記アプリを使用しているからなんだけど、非常に便利なのでお勧めです。

 

参照記事「台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)」App Store

参照記事台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄公車/公路客運) - Google Play

 

バス幹線道の台中駅から秋紅谷ってところまでは、日中5分おきぐらいでバスが走っているので、バスの時刻とか調べなくても大丈夫だと思うけどね。

そのバス幹線道、臺灣大道原子街口から300番台のバスに乗ると途中からバス専用道を走行するようになる。

ほぼ直線道路ってこともあるけどバスの運ちゃんスピード出すね~

あっという間に新光三越バス停に到着。

f:id:azusa47:20170408163414j:plain

写真:新光三越近くの交差点。

途中のバス専用道を走行するようになってからかな~

町並みががらりと変わったよ。

今までは寂れた雑居ビルとか廃れた感満載だったんだけど、いきなり高級感あふれるマンションが林立し始めたねw

駅に向かうにつれて町並みが発展していく感じが一般的なんだけどね~

なのに、台中ったら。。。

駅に向かうにつれて、町並みが廃れていくというおもろいところだw

台中国家歌劇院への交通アクセス(2018年8月27日追記)

この時は新光三越バス停から歩きましたが台中国家歌劇院のすぐ目の前にもバス停があります。

一般的にはこちらが便利!

台鉄台中駅からは75番系統を利用すると40分程度で着きます。

日中ほぼ30分間隔で運行されていますよ~

バス料金は悠遊卡もしくは一卡通(台湾交通系ICカード)を使用すれば無料です。

台中国家歌劇院を見学してみて。。。

さて、新光三越バス停から徒歩10分ぐらいにあるのが最近オープンしたばかりの台中国家歌劇院だよ。

f:id:azusa47:20170408165353j:plain

市民の憩いの場にもなってるみたいだ。

f:id:azusa47:20170408173111j:plain

周りは高層マンションが立ち並ぶ。

f:id:azusa47:20170408173631j:plain

高層マンションと歌劇院との調和も取れてるね~

f:id:azusa47:20170408174059j:plain

チケット購入窓口。入ってすぐのところにある。

f:id:azusa47:20170408175049j:plain

一階にあった、みやげ物屋。

f:id:azusa47:20170408175324j:plain

大劇場入場口。この他に中劇場があるよ。

f:id:azusa47:20170408180242j:plain

歌劇院の屋上は庭園みたいな感じになっていて、ベンチに座って弁当を食べてる家族連れや陽気がよかったんで寝てる人とかもいたな。

f:id:azusa47:20170408180838j:plain

写真:変わったベンチだね~

平日だったせいか空いていたけど、ベンチの数も多いし休日でもまったりできるんじゃないかな。

こんなところで、一日中まったりするのも最高の贅沢かもしれないよ。

開館時間は月曜から木曜までが11時30分から21時まで。週末の金曜から日曜までが11時30分から22時まで。

入館は無料だから、台中に来た際には一度行ってみるといいかもしれないね。

台中国家歌劇院:データ

公式サイト(台湾):臺中國家歌劇院 National Taichung Theater

公式サイト(日本):National Taichung Theater 台中国立歌劇院

春水堂朝富総店へ行ってみました

f:id:azusa47:20170417170755j:plain

写真:春水堂朝富総店

台中国家歌劇院から春水堂朝富総店まで歩いて10分ぐらい。

総店ってなっているので最初創業店だと思ったんだが、ここは本店で創業店は別にあるらしい。

f:id:azusa47:20170417171721j:plain

陽気がいいので、台中国家歌劇院の脇では寝ている人がいた。この脇を通って春水堂朝富総店へ向かう。

f:id:azusa47:20170417172045j:plain

ユーバイクもあったよ!

f:id:azusa47:20170417173306j:plain

この道をひたすらまっすぐ進んでいくと春水堂朝富総店がありました。

ちなみに大道幹線の秋紅谷バス停からも徒歩8分ぐらいなんで、なかなか交通至便なところにあるよね。

しっかしこの辺も高層マンション乱立で、高級住宅街ってな感じだな。

台中駅付近の寂れた街並みとのギャップが激しい。

春水堂朝富総店への交通アクセス(2018年8月27日追記)

台鉄台中駅からは大道幹線(300番台系統)を利用して40分ぐらい

大道幹線は日中頻発していて便利です。

もちろん、バス料金は悠遊卡もしくは一卡通(台湾交通系ICカード)を使用すれば無料!

立地がいいですね~(^◇^)

元祖タピオカミルクティーを頼んでみて。。。

f:id:azusa47:20170417175013j:plain

店内に入るとカウンターがあるので、そこで先に会計を済ませる。ここでも注文伝票があるから台湾華語をしゃべれなくても大丈夫。

もし、台湾華語をしゃべれたりして店員と疎通が取れるんであれば氷なしとか選択できるみたいだけど。

ここへ来たら、タピオカミルクティーでしょ~。

ということで、元祖タピオカミルクティーMサイズ(本来130元なんだが110元407円:平日にMサイズを頼むと15%引きになる)を頼むとテーブルに案内された。

f:id:azusa47:20170417181655j:plain

ボリュームあるね~。そして、めちゃ美味しい!

台湾では、こういったスイーツ店に全体から見れば少数派(マイノリティー)である中年のおっさんぼっちでも気軽に入店できる所がいいんだよ!

日本だと、なんだろ。なんか変な目で見たり避けたりするやつがいるだろ。

そんなところが日本人は寛容性がないって国連の幸福度報告書で言われる所以なんだよ。

台湾人って、少数派にも寛容なんだよな。そんな台湾が大好きだ!

 

あとね、台湾だとこういう有名店でもまったりできるんだよな。

ここも、いい感じだった~

日本だと店員もそうなんだけど周りがせかせかしてるんで、まったりできないんだよ。長居しちゃいけない雰囲気でさ。

台湾春水堂、ずいぶんとまったりさせてもらいました。

ごちそうさま~

次回記事

春水堂朝富総店:店舗データ

公式サイト:世界珍珠奶茶發源地|春水堂 - 人文茶館

住所:台中市西屯區朝馬三街12號
営業時間:8:30-23:00