台湾好きな隠居生活

台湾の台中市で隠居生活をしています。そこで得た情報等も記事にしていきたい! 問合せ等のご連絡はtwitter(@iso_taiwan)からお願いします。

台湾好きな隠居生活

台湾生活を休止することに。。。

f:id:azusa47:20171213125855j:plain

ここへ来た時には真夏のような暑さだったんだけど、季節が変わって台中にも冬がやってきました。

台湾生活を始めて二ヶ月以上が経つんだよね。

楽しいことっていうのは時が経つのが早く感じるよ。

いや。。。年のせいかも知れないけどw

 

さて、この楽しい台湾生活なんだけど散々悩んだ結果、休止にすることに決めました。

原因はえらい硬いマットレス

台湾は日本と違って、賃貸住宅には最初っから家具などを設置されているところがほとんどです。

住み始めたところも、ベッド、机、テレビ等が始めからついておりました。

その中でベッドなんですけど、マットレスもついてたんだよね。

つまり、居住者は基本的にシーツと掛け布団と枕があれば寝れるわけ。

で、そのような状態で寝てたんだけど、スプリングが効きすぎてどうにも硬いんだよ。

この硬さはホテル遍歴の中でもトップクラス。

今まで、台中のクラウンホテルが一番硬いマットレスだったように感じるが、それに引けを取らないね。

f:id:azusa47:20171213134426j:plain

体重75kgなんだけど、マットレスに腰をかけても全く凹みませんw

寝返りを打つたびに腰に響くような感じで。。。

一泊や二泊ぐらいなら全く問題ないんですよ。

ただ、長期にわたると。。。

睡眠障害を発症

熟睡できないんですよ。

しかも、二時間おきぐらいに目が覚めてしまう。

そんなわけで、クレジットカードの海外旅行保険を折角なんで使ってみたんだけどね。

その医者も言ってましたよ。

短時間でも熟睡できないと体に変調をきたすと。

でも、貰った薬は効かなかったんだけどねw

根本的にはマットレスをどうにかしないと長期にわたって住むことはできません。

大家さんにも話をしてみました。

そうしたら、その明るい大家さんは。。。

台湾人は硬いのが好きなんです♡

だってw

それでも悩みました。

大好きな台湾への移住をこんな形で終わらせてもいいのかと。

ただ、サブタイトルにも謳っているんだけど試験的なんだよね。

だから、いつかは試験終了も来る。

う~ん。。。

そして出した結論は、残念ながら健康には変えられないので。

恐らく10歳も若ければ、別の判断をしていたと強く思う。

硬いマットレスだって、若けりゃ全然平気に違いない。

最後に

この台湾移住の足掛かりとなった@cub_nomadさんを始め、海外移住セミナーがとても参考になった@Maechan0502さん、積極的に無職を謳歌している@snufkin_indexさん、そして最後にとても明るい性格の大家さん、ありがとうございました。

f:id:azusa47:20171213153619j:plain