食いしん坊隠居生活~台湾好きな中年のブログ~

台湾が大好きで年に何度も行っています!そこで得た情報も記事にしていきたい。

【台湾スイーツを赤羽で!】MeetFresh鮮芋仙・赤羽本店へ行ってきたよ

f:id:azusa47:20170707172138j:plain

先日は今年になってから日本へ出店したというMeetFresh鮮芋仙へ行ってきたんだよ。

 

 

 

 

このお店、ホームページに。。。

 

『伝統的な製法で無添加・手作りにより生まれた王道の台湾スイーツ店MeetFresh鮮芋仙。 
アジア諸国を中心に世界で502店舗を展開(台湾12店舗、中国459店舗、アメリカ2店舗、オーストラリア12店舗、ニュージーランド5店舗、ベトナム3店舗、カナダ1店舗、韓国8店舗)
台湾の人気スイーツ店 MeetFresh 鮮芋仙が日本へ上陸しました』

 

って謳ってるんだけど、こんだけ店舗展開して日本には赤羽へ初出店。

日本初上陸で、なぜ赤羽なんだ?

う~ん、謎。。。

やっぱりお得です!東京メトロパス

都心方面へ出向くときになるべく使うようにしている東京メトロパス。

 

参照記事【この切符がとてもお得です!】都心方面は東京メトロパスを利用しています - 食いしん坊隠居生活~台湾好きな中年のブログ~

 

赤羽へ行く場合でも、かなりお得になるんです!

東京メトロは直接JR赤羽駅へは乗入れていないんだけど近くを通っています。

f:id:azusa47:20180410152836j:plain

そこは赤羽岩淵駅にあたり、ちょうど埼玉高速鉄道との境界駅になるんですよね。

つまり、ここまでは東京メトロパスが使えてしまうわけ。

横浜駅から普通に切符を買うと。。。

*東急線横浜駅から東急線目黒駅 往復540円

*東京メトロ目黒駅から東京メトロ赤羽岩淵駅 往復560円

合計1100円かかりますが、東京メトロパスを使えば910円で済むんですよ。

なんと!約17%オフになる(^o^)

もう、使うっきゃないですよね~

ちなみにJRの上野東京ラインで行けば横浜駅から赤羽駅間を乗換えなしでで行けますが、往復1440円もかかってしまいます(T_T)

MeetFresh鮮芋仙の赤羽本店へ行ってみて

東京メトロ赤羽岩淵駅から徒歩10分ぐらい、商店街からはちょっと外れたところにあります。

f:id:azusa47:20170707180724j:plain

昼下がりで、外は蒸し暑かったのでテラス席にはさすがに客がいなかった。

でも、店内は人気店だけに平日にもかかわらず、そこそこ混んでたね。

早稲田のI♡豆花と同様、台湾人が多くいたのが印象的。

f:id:azusa47:20170707182434j:plain

こちらの店では前払いとなっています。

レジカウンターにメニューがあるので、選んで会計を済ますとブザーを渡されます。

注文を受けてから作るので客席で待ってると、ブザーが鳴る。

そうしたら、品物を取りに行くって流れ。

f:id:azusa47:20180410171536j:plain

水はセルフサービスになっています。

こちらは水にもこだわっていてよくレモン水を出す店はあるんだけど、レモンだけじゃなく店員さんに伺ったところキュウリやミント等も入っているんだって。

今回はお薦めの芋園4号Mサイズ(500円税抜)とタピオカミルクティー(650円税抜)を頼んでみたよ。

春水堂みたいにセット割がないので、税込で1242円。

ちょっと高いかな~

f:id:azusa47:20170707183924j:plain

素材にこだわってるんだろうね~

タロイモは食感がしっかりしていたし、芋園やタピオカはもちもちして小豆の甘さと相まって、とても美味しかった!

これだけ頼んでる台湾人もいたね。

タピオカミルクティーは甘かったよ。

台湾だと半糖とかできたりする店もあるんだけど、ここだとできるかわからないんで次回はちょっとないかな。

今度来たときには、芋園か豆花だね。

ごちそうさま~

 

2018年4月10日追記:テラス席が無くなっていました。

f:id:azusa47:20180410160629j:plain

以前伺った時はテラス席があったんですけど、そこは駐車場になっていましたw

まぁ、車で来店される客に配慮したんでしょうねぇ~

f:id:azusa47:20180410170618j:plain

セールだったので安かったです。

芋園やタピオカはもっちもちで、タロイモは甘みがあって良かったぁ~(●^o^●)

ごちそうさまでした。

【MeetFresh鮮芋仙】

住所:東京都北区赤羽2-21-2

営業時間:11:00~21:00