台湾好きな隠居生活

台湾が大好きで年に何度も行っています!そこで得た情報も記事にしていきたい。

【あまりにもマンゴーかき氷が有名になりすぎて。。。】綠豆蒜啥咪へ行ってみました

*レートは1元=3.6円で計算しています。

綠豆蒜啥咪へ行ってみました

前から行こうと考えていたんですが、こちらのお店は日曜日が休みで旅行日程があわなかったんですよ。

台北には日曜日に来ることが多かったんで。

しかも、美味しいって評判になっているマンゴーかき氷は夏季限定(>_<)

やっぱり狙いはマンゴーかき氷になるので、夏季に訪れたい!

っていうことで、ようやく伺うことが出来ました。

松江南京駅から徒歩3分ぐらいのところにあります。

マスコットキャラクターがお出迎え~

店内はそんなに広くはなく。。。

ただスイーツ店なだけに女性客が多く訪れるような、おしゃれな作りになっていました。

おひとりさま用にカウンター席もありますよ(^◇^)

伺った時にはそこそこ混んでいました。

昼過ぎで、開店してからそんなに経っていない時間帯でしたが。

客層は観光客(日本人)と現地台湾人の半々ぐらい。

冰讃みたいに、日本人だけではありませんでしたね。

 

参照記事【プリンをトッピングすればよかった~(>_<)台北のかき氷人気有名店】冰讃(ピンザン)へ行ってみました - 食いしん坊隠居生活~台湾好きな中年のブログ~

綠豆蒜啥咪での注文方法

先に席を決めてからレジカウンターで注文をします。

レジカウンターにはメニュー表があるので、メニュー表をもって席で考えてからでも構いません。

緑豆蒜(緑豆の殻を取ったもの)を頼む場合は。。。

ステップ1:器の大きさを決める。

ステップ2:熱いものか冷たいものかを決める(冷たいものは氷の量も調節可能です)

ステップ3:レジカウンターの隣にあるケースからトッピングを二種類決める。

注文伝票は無いので、メニュー表を指さしで店員さんに伝えます。

あとは、会計を済ませて席で商品が来るのを待つだけ。

メインメニューは緑豆蒜でした(^_^;)

店内を見てると観光客の皆さんはすべからくマンゴーかき氷を頼んでいるねw

メニュー表を見るとこれだけ突出して値段が高いんだが。

*現削愛文芒果冰 200元(720円)

あまりにも有名になりすぎたのかな、ここのマンゴーかき氷。

いろんなサイトで紹介してるもんな。

僕もそれ狙いで来たんで、マンゴーかき氷(現削愛文芒果冰)頼んでしまったんだけど。。。

でも店名からして、こちらのメインメニューは緑豆蒜なんですよね。

おすすめの一番最初にも出ているし。。。

カウンター席に座った台湾人女性もそうなんだけど、対照的に現地台湾人は緑豆蒜を頼んでいましたよ。

そんなわけで、次回は緑豆蒜を頼んでみようかな。

マンゴーかき氷を食べてみて。。。

注文してから店員さんが愛文生マンゴーをカットしていきます。

そして。。。

キターーー\(^o^)/ーーー

これでもかってぐらい生マンゴーがどっさり。

黒糖かき氷も美味しかったですよ(^○^)

ごちそうさまでした。

綠豆蒜啥咪:店舗データ

公式サイト:綠豆蒜啥咪ホーム

住所:台北市中山區伊通街106巷6-1號
営業時間:13:00~19:30