台湾好きな隠居生活

台湾の台中市で隠居生活をしています。そこで得た情報等も記事にしていきたい! 問合せ等のご連絡はtwitter(@iso_taiwan)からお願いします。

台湾好きな隠居生活

【インスタ映えするメニューがたくさん!】キャラメルパーク(CaRaMEL PaRK)へ行ってみました《2019年5月》

*レートは1元=3.7円で計算しています。

今回紹介します、キャラメルパーク。

発祥は台南なんですが、店舗数を増やしていよいよ台北に。

その台北一号店に行ってみると。。。

個性あふれるかき氷!キャラメルパークへ行ってみました

暑い日に伺ったので、入店すると冷房が適度に利いていて心地いい~

開放的な店内にぬいぐるみが置いてあったりして、女性客に受けそうなおしゃれな感じ。

個人客も多いんでしょう、カウンター席も設置されていました。

キャラメルパークでの注文方法(メニュー)

席を確保した後にレジカウンターで注文する商品を選びます。

メニューが置いてあるんですが、インスタ映えするようなメニューがたくさん!!

それ狙いで来るお客さんもいるんでしょうねぇ~

店舗数を増やすような人気の秘密はこれかな。

日本人客も多いんでしょうね。(伺った時にもいました)

その為の分かりやすい日本語併記メニューもありますよ~

商品を決めたら支払いをするんですが、こちらでは悠遊卡(台湾交通系ICカード)で支払いができます!

便利ですね~(^○^)

ただ、レシートは発行されません。

台湾レシートはくじになっていて楽しみでもあるんですが。。。

屋台は発行されないだろうけど、このような立派な店でもあるんですよ。

以前紹介したGOMAN MANGO もそうなんですけど。。。

なんでだろう?

まぁ、そういった店はその旨を知らせるステッカーが貼ってあったりします。

会計が済むとブザーを渡されます。

商品が出来上がるとブザーが作動しますので、レジカウンターまで商品を取りに行ってブザーを返却します。

今回は季節限定パイナップルキャラメルミルクかき氷(鳳梨焦糖牛奶冰)200元(740円)を頼んでみました。

鳳梨焦糖牛奶冰を食べてみて。。。

独自製法によるキャラメルソースに練乳を使った格子模様が本物のパイナップルを連想させる。

さすが、インスタメニュー。

パイナップルを球体にくりぬき、串刺しにした団子状の別皿もいいアクセントに。

よく見るとかなり盛ってあって食べごたえがあります。

その中にはくりぬいた球体状のパイナップルがたっぷりと(^◇^)

食べてみると、台湾産パイナップルはただでさえ甘くて美味しいのに、キャラメルシロップが溶け込んだかき氷とのコラボで。。。

さらに美味しさがパワーアップ\(^o^)/

人気の秘密はこの美味しさにもあったんですねぇ~

ごちそうさまでした。

キャラメルパーク(CaRaMEL PaRK)台北忠孝店は閉店しました(2019年5月14日追記)

f:id:azusa47:20190514154912p:plain

Caramel Park(台北忠孝店)|Facebook より引用しています。

キャラメルパーク(CaRaMEL PaRK)台北忠孝店を紹介した内容となっていますが、残念ながら大家さんとの賃貸契約が終了したため閉店となりました。

同様メニューがあるキャラメルパーク(CaRaMEL PaRK)士林店は、引続き営業しています。

行かれる方はそちらへどうぞ!

キャラメルパーク(CaRaMEL PaRK)台北士林店:店舗データ

Facebook:Caramel Park 焦糖公園 - 台北士林店 - ホーム | Facebook 

住所:台北市士林區文林路101巷8號

営業時間:16:30~23:30