台湾好きな隠居生活

台湾の台中市で隠居生活をしています。そこで得た情報等も記事にしていきたい! 問合せ等のご連絡はtwitter(@iso_taiwan)からお願いします。

台湾好きな隠居生活

【居留ビザ申請へ向けて】健康検査合格証明書を取得するため指定病院で健康診断を受けてきました

f:id:azusa47:20191026235243j:plain

*レートは1元=3.5円で計算しています。

こんにちは~台湾に住んでいるISO(@iso_taiwan )です。

語学留学を始めてから、もうすぐ4ヵ月になります。

4ヵ月経つと居留ビザの申請ができるんですが、居留ビザの申請から居留証を手に入れるまで時間がかかるんですよ。

停留ビザ はもう延長できないから、停留期限が切れるまで少し早いんですが行動することにしました。

まずは、一番手間のかかる健康検査合格証明書を取得することからです。

f:id:azusa47:20191027150334j:plain

どうぞご覧ください。

病院へ持参するもの

・パスポート

・証明写真 1枚(パスポートサイズ)

・検査及びワクチン接種料金 2,050元(7,175円)

証明写真は病院内で取得できます。

本館の地下一階エレベーター脇に証明写真撮影機が設置されていますよ。

f:id:azusa47:20191027173745j:plain

居留ビザ申請用写真にも使えるため、パスポートサイズを選びましたが履歴書用でも問題ないかもしれません。

f:id:azusa47:20191027151805j:plain

いずれにしても、係員が所定の大きさにハサミで切って貼りつけます。

検査料金は1,200元(4,200円)。

ワクチン接種料金が850元(2,975円)となっています。

健康診断を受けた病院

f:id:azusa47:20191027154157j:plain

健康診断を受けるのは、どこでもいいわけではなく台湾政府が認めた外國人健檢指定醫院 で受診しなければなりません。

台中にもいくつかありますが、その中で東海大学が薦めているところに。

f:id:azusa47:20191027155557j:plain

最寄りは臺中榮民總醫院なんですが、あえて童綜合醫院に行くことにしました。

理由は二つあります。

 

1.外国人健診センター(外籍人士健檢中心)がある

これが一番大きな理由ですね。

他の病院は健診センター内で行っています。

外国人健診センターなら外国人慣れしていてスムーズにいくと考えました。

 

2.臺中榮民總醫院は台中における中核的な病院なので料金が高い

これは台湾人の友人が言っていました。

日本でいうところの労災病院みたいな感じでしょうか。

臺中榮民總醫院は台中にある大きな病院の中でも中核的な病院で患者を集中させるのを避けるため差をつけているそうです。

 

童綜合醫院 なんですが、外国人健診センターは梧棲院区にあります。

沙鹿院區にはありませんので注意してください。

東海大学からは306、307、308系統のバスに乗り30分ほどで着きます。

童綜合醫院(梧棲院区)バス停からすぐですね。

f:id:azusa47:20191027164615j:plain

健診時間は8:00~11:30・13:30~16:00。予約の必要はありません。

f:id:azusa47:20191027165035j:plain

外籍人士健檢中心は別棟にあります

f:id:azusa47:20191027165641j:plain

東海大学のガイドブックには地下二階と謳っていますが移転しました。

地下二階にはありませんので注意してください。

バス停からは本館の入口から入って直進、ATMの脇から3号門へ向かうと早いです。

f:id:azusa47:20191027170542j:plain

3号門から一般道に出て、斜め向かいの行政棟に入ります。

f:id:azusa47:20191027171506j:plain

食堂や売店などを突き抜けると外国人健診センター入口に。

f:id:azusa47:20191027171926j:plain

入口から階段を上ると二階に受付があります。

f:id:azusa47:20191027172419j:plain

健診の流れ

f:id:azusa47:20191027172841j:plain

童綜合醫院での健診の流れは。。。

 

1.受付

入って右側にある受付で手続きをします。

手続きといっても、受付の係員にARC(居留証申請)と言っただけですが、それだけで目的が伝わりましたね。

さすが、外国人健診センター。

そしてパスポートと証明写真を提出するよう要求されるので係員に渡します。

しかし、ここで問題が発生!

麻疹(はしか)ワクチンを接種してるかと聞かれました。

その証明できる書類を提出すると検査料1,200元(4,200円)だけで済むそうです。

そんな書類は持ってないので、わからないと答えると二つの選択肢を提示されます。

 

・抗体テストを行う

こちらを選択すると検査料1,200元+テスト費用600元で合計1,800元(6,300円)。

ただし、テストをして抗体がないと判断された場合は追加でワクチン接種料金850元がかかります。

・ワクチン接種を行う

こちらを選択すると検査料1,200元+ワクチン接種料金850元で合計2,050元(7,175円)。

 

少し悩みましたが、ワクチン接種を選択しました。

日本語は通じませんがワクチン要といえば通じます。

最後に料金を請求されるので、支払ってから健診がスタート。

f:id:azusa47:20191027221339j:plain

2.血圧測定・身長及び体重測定

 ワクチン接種以外は受付のあるフロアで完結するので、スピーディーに事が進んでいきます。

受付の係員があそこに行ってと指差しするので行くと血圧測定。

それから、すぐ隣にある身長及び体重測定器で測定。

 

3.胸部レントゲンの撮影

指示されて奥へ行くとレントゲン室があり、入室してシャツ一枚になります。

レントゲン専門係員に指示され、装置を抱きかかえるような形をとり息を吸って撮影。

 

4.問診

向かいの部屋に行くよう指示され入室すると、先生が待ち構えていて聴診器をあてながらワクチン接種をすると一時的に気分が悪くなるよとか言っていましたね。

 

5.採血

さらに指示され、血圧測定の隣で採血をしました。

この後、係員が同行する形でワクチン接種へ向かうんですが、受付から採血までは30分かかりません。

まるで、ベルトコンベアーに乗っているようなw

 

6.ワクチン接種

ワクチン接種は本館の地下一階で行います。

エスカレーターで降りて左へ。

f:id:azusa47:20191027231709j:plain

少し進むと薬剤会計があるんですが、ここで係員が薬剤を調達するため20分ほど待たされました。

f:id:azusa47:20191027232340j:plain

係員が薬剤を持って戻ってくると、薬剤会計の隣にある注射室へ。

f:id:azusa47:20191027232754j:plain

そこで注射担当の係員へ薬剤が渡り、名前を呼ばれて席に座ると注射を打たれて、この日の健診はすべて終了となります。

受付からワクチン接種まででも一時間ぐらいでしょうか。

 

7.証明書の受取

一週間後の午後に証明書を受け取れると受付の係員が言っていましたが、授業があるので八日後にしてもらいました。

受取の際には支払いの際にもらう用紙を係員へ見せて受取サインをすると、証明書を受領できます。

f:id:azusa47:20191027234303j:plain

最後に

f:id:azusa47:20191027235118j:plain

慣れてないのと最初の受付で麻疹(はしか)ワクチン対応を迫られたので戸惑いました。

ただ、受付が終わればベルトコンベヤーに乗ってるような感じでスムーズに事が進み、あっけないような。。。

いずれにしても合格証明書がもらえてよかったですね。

居留ビザ申請へ向けて一歩前進です。